日記の続きはmixiとみんカラで…


by kero-nyo

宮城地震

本日昼頃に、宮城県の沖を震源地とする大きな地震がありました

私はその時仕事の真っ最中だったのですが

「お、なんか私酔っ払ってる?」

「でも、頭上の看板もなんだか揺れているし…こりゃ地震か!?」

とワンテンポ遅れて地震と気付きました
普通に考えれば、こんな時間から酔っ払ってるワケないじゃないか!


激しい横揺れでしたが(後に震度4と気付く)、空腹時にこの地震はキツイ…
なんか気分悪くなりました


スキを見て、宮城のあたりに住む知人に安否確認メールを送ります
全員怪我がなくて不幸中の幸いでしたが、

返信メールの文章に
「部屋の物がたくさん落ちてきた」
「揺れが長く続いて怖かった」
なんて文章を何度か見かけて、胸が痛いです



被害にあわれた方に、お見舞い申し上げます




新潟中越地震の時と同じですが、
こんな時まわりの人間ができることってなんでしょうね?

なんにもできないかもしれない自分に腹立たしさを覚えつつ、
のこのこ震災地に行ってなにをするんですか?って疑問もあります


自分だけでなく、国や自治体にも言えることなんですが、
阪神大震災や新潟県中越地震の教訓がなんにも生かされていないような気がします

これじゃダメだろ…
[PR]
by kero-nyo | 2005-08-16 18:26 | Daily life