日記の続きはmixiとみんカラで…


by kero-nyo

自分流リミッター

2005.9.2■なぬ!?からトラバです


自分を制御する方法ですか?
ちょっと真面目に考えてみます




う~ん


↓こんな感じかな






・絶叫系が苦手な彼女を助手席に乗せる

私にはこれが一番効きました(笑
ヘンな事すると、助手席から殺気が…!


どういう運転を心がければ、同乗者は快適なドライブを楽しめるのだろう?
そう考えるようになればさほど実行は難しくないと思われます




・早めのシフトアップをこころがける

街中なんて走る分にはタービンを回す必要はありませんので、
2500~3000rpmまでノンブーストで回転をあげてシフトアップします

そうすれば恐らく70km/h前後で5速に入っていると思いますので、そのまま巡航します
巡航時はアクセル開度を2/10ぐらいでキープ。

燃費も向上しますよ




・レースゲームを遊ぶ

と言っても、ただ遊べばいいってものでもありません。
ひたすら一定の回転数をキープして走ってください


最初は意外と難しいのですが、慣れるとなんてことはなくなります
ここで言う慣れはアクセル開度の技術向上を意味します

4000回転に満たないならもっとアクセルを踏まなくてはいけない
4000回転を越えてしまったなら、アクセル開度を下げて目標値に合わせないといけない
4000回転でタコメーターの針が止まったら、そのアクセル開度をキープして走り続ける

意外とこれが難しい。

しかしこれをマスターすると、狙った回転数にぴたりとアクセルを踏んで合わせられるようになります




・試験的に「怒らない日」を作ってみる

割り込みされても気にしない
煽られてもさっさと左ウインカーを出して先に行かせてやる
遅い車は煽らずに素早く追い越しをかける
信号のない横断歩道で、歩行者がいたら停車する
前方を走行する車と車間距離を大きく開けて走る


事故に巻き込まれて損するのは自分ですし、
つっかかってくるやつにいちいち報復していたってガソリンがもったいない


「周囲の状況に沿った円滑な運転」
は当然ですが、さらに
「周囲に流されない運転」
を追加してあげて下さい



・シートポジションを下げる

ポジションを下げて、シートに奥深く腰掛けた時に、無理なくアクセルを踏める範囲を狭くします
つまり、ベタ踏みをしにくい状況を作る事でわざとリミッターを作るのです


ただし、ブレーキはきちんと踏める程度にしておいて下さい



・落ち着いた音楽をかける

例えばピアノのサウンドトラック、夏川りみの「涙そうそう」などがオススメです


心拍数を向上させる音楽は眠気防止に効きますが、戦闘意欲を盛り上げてしまいます
落ち着いた音楽はリラックス効果を生み出し、ムダな加速も抑えてくれるかもしれませんよ




・マフラーを交換します

ボクサーサウンドがどうのこうの言っているから余計にアクセルを踏んでしまうのです。
ならば、静音マフラーや純正マフラーに戻せば高揚感を抑えられるのではないでしょうか














なんか私流になってしまいましたが…どうでしょうか?
[PR]
by kero-nyo | 2005-09-05 00:09 | Starting with Legacy