日記の続きはmixiとみんカラで…


by kero-nyo

自分の身は自分で守れ!

悪党退治からトラバ!


相次ぐ不祥事と凶悪犯罪。

犯罪放置国家として着々と成長を続ける日本ですが、警察が頼りにならないとなると…





正直思う所、

犯罪者を犯した人間は、捕まるまで人権の一切を剥奪されるべきでしょう。

要は、過剰防衛なんて言葉は不要って事。



自分の身は自分で守らなきゃいけない時代なんですよ( ̄▽ ̄;)







児童を狙った犯罪が相次いでいるようで、
各自治体も集団下校させたり、防犯ブザーを持たせたりしているようですが、











もし自分が犯罪者だったら…

・集団下校できない校区外の子供を狙う
・防犯ブザーを鳴らされる前に手足の自由を奪い、車に乗せる

など、ちょっと考えただけで、いくらでも犯行を成功させる方法は浮かんできそうなものです






せめて、催涙スプレーぐらいは携帯させなきゃ。


子供には緊急の事態を想定した訓練をさせたりして、
有事の際には反射的にトリガーを引く事を覚えさせます


それをしても完全に安全とは言い切れないが、無事に家に帰れる確率は増すでしょうね。



下校中の子供を意図的に狙った事件も、連れ去った後に殺害しているので、

「連れ去られさえしなければ生存できる」

のかもしれません






話が逸れましたが、自己防衛には賛成です。

もっち~さんはエアガンを部屋に置いているようで( ̄▽ ̄;)


プラスチックの弾ではたいした効果は望むべくはありませんが、
それで殴るとなると話は別です。

銃のグリップは持ちやすく滑りにくいようにできていますし、
重量もあるので遠心力をかけて振り回せば…♪









私が真っ先に守るべきは彼女です。

が、


私と彼女は四六時中一緒にいるワケではないので常に守ってあげることは不可能です




そんな彼女には、護身用として「なにか」を持たせています

携帯性に優れ、イザと言う時には相手の戦意を一瞬にして喪失させる物。


むやみに振り回せば確実に捕まりますが、彼女はそんな人間ではないと信じています
(警察官に職質かけられれば没収されるおそれもあります)









自分の身を守るために。

大切な人間を守るために。




合法、非合法のスキマでできるだけの事を考えていきましょう。
[PR]
by kero-nyo | 2006-01-13 22:28 | Real intention